メールマーケティングにおすすめのhtmlメール配信業者ランキング

top > htmlメールとは > htmlメールなら視覚的な広告効果が得やすい

htmlメールなら視覚的な広告効果が得やすい

メールをもらったとき、一応情報は確認するでしょう。
しかし、文字ばかりが並んでいると何が強調したいのかがわかりません。
文字の大きさなどを変えることで多少変化は出せますが、パッと見て注目してもらいたいところを示すのは非常に難しいです。
htmlメールは、一般的なテキストメールとは異なり、htmlで作成した内容で送ることができます。
つまりは、ホームページのページをそのまま送ることができます。
ホームページは、広告や宣伝などを視覚的に表現するときにも良く利用するでしょう。
開いたときに、鮮やかな色使いがあったり、文字の大きさに変化があったりすれば、大事な部分も見やすくなります。
送る側からすると、より注目してもらいやすくなります。
イラストなどで簡単に示すことができれば、それを知らせるための文章を少なくすることができます。



htmlメールなら表やグラフなども載せられる

客先などに提案書を送る場合があります。
数字ばかりが並ぶ資料の場合、いかに見やすくするかが重要です。
きちんと枠をとって線などが引かれていれば、非常に見やすい資料になります。
しかし、テキストメールの場合は線を引くことができません。
間隔をあけるなどして表現するしかありませんでした。
htmlメールの場合であれば、表であったり、グラフなども載せることができます。
表計算ソフトで作ったシートを切り取り、その部分を貼り付けることも可能です。
ですから、非常に見やすい資料にして送ることができます。
これまでは添付ファイルで別途送るしかありませんでした。
グラフは、必ずしも必要な情報ではないかもしれませんが、数字の変化や比較をするときには便利なツールです。
数字の近くに配置をしておくことで、自然にアピールできる場合があります。
わざわざ書くのに比べると入力ミスも少なくなります。



htmlメールでは新商品を写真付きで宣伝

新商品は、その会社にとってはそれ以前の商品よりも良い商品になります。
お客さんに対しても魅力のある商品になっているはずです。
お客さんの中には、新商品が出た時は常に教えてほしいと言ってくる人もいます。
通常はパンフレットなどを持って行く必要があります。
htmlメールの場合は、文字情報以外に、画像情報などをそのままつけることができます。
ですから、新商品の案内にぴったりです。
商品の外観をそのまま載せることもできますし、利点の部分のみ載せることもできます。
ですから、見た側にも伝わりやすいです。
お客さんんもきちんと画像を見て確認をしてくれるので、すぐに購入希望を出してくれる可能性もあります。
これまでは、パンフレットを持って行ってやっと注文をしてもらえていましたが、メールを確認してもらった後にすぐに注文してもらえる場合もあります。

次の記事へ

カテゴリ

PAGE TOP