メールマーケティングにおすすめのhtmlメール配信業者ランキング

top > htmlメールとは > 簡単に作れるhtmlメール

簡単に作れるhtmlメール

 多くの業者でhtmlメールを送付するサービスを展開していますが、料金を比較しながら決めていくようにしましょう。簡単にメールを出すことができますが、大別してクラウドやオンプレミス方式があります。それぞれ比較を行う方法が異なっているので注意しなければなりません。クラウドならば料金体系が管理を行っているメールアドレス数や配信を行う数、さらに業者ごとに異なっているオプション機能で区別していきます。特にオプションは異なる点が色々とあるので、最適なプランを決めていくようにしましょう。初期費用が業者の中には無料になっているケースもありますが、平均で数万円かかってしまうこともあります。オンプレミスの場合ならば自社開発以外ならば様々な費用がかかります。パッケージをサーバへインストールしたり、システムの構築や保守運用などでコストがかかります。

 ランニングコストもかかってしまうこともありますが、htmlメールを簡単に送付してビジネスに活かすことができます。表面上の料金に注意しながら、目的の達成に向けて検討していくようにしましょう。サポート体制は業者によってバラバラですが、トラブルをしっかりと回避できるように考えていくことが必要です。サポートに関して把握しておき、機会損失につながらないように比較しながら決めていくといいでしょう。導入コストもオンプレミスでは大きなコストになってしまうことがありますが、保守運用でトラブルを回避することができます。リソースなどを必要としますが、セキュリティなど脆弱な部分に関して行き届くようになります。不要なサービスも排除することができるので、安心して運用を進めていくことができるでしょう。

 必要な機能を理解し、確認しながらhtmlメールを配信するサービスを決めていくようにしましょう。基本的な機能は色々とありますが、まずリストの中で配信できない時にはエラーメールを送付します。これで配信を自動的に停止していきますが、スパムメールと同じような扱いになってしまうので重要です。次に重複で配信しないように対応しているか確認をしていきますが、重複リストに対して配信しないことでコストを省いていきます。セグメントはリスト登録している情報を活用しながら分割して配信する際に利用します。性別だけでなく、年代や地域なども区分けしながら配信することで、効果的かつコストを削減しながら配信できます。業者によっては信憑性を高める上で独自でドメインを用意したり、冒頭部に名前を差し込める機能を簡単に導入することができます。

次の記事へ

カテゴリ

PAGE TOP