メールマーケティングにおすすめのhtmlメール配信業者ランキング

top > htmlメールとは > 宣伝にhtmlメールを使うなら

宣伝にhtmlメールを使うなら

宣伝広告の手段としてhtmlメールを利用される方も増えてきました。
文字だけのテキストメールと比べて画像や装飾が使えるため、メール本文を楽しく彩ることができます。
ただし受信者によっては受信できないこともあるので注意が必要です。
そもそもhtmlメール形式のメール受信自体を許可していない方もいらっしゃいます。
一緒についてくる画像などからのウイルス感染の可能性を少しでも減らすためです。
他にも受信自体は拒否していないが画像のダウンロードのみ止めている方など受信した状態そのままでは見られない方が案外いらっしゃいます。
そんな方への配慮忘れるとせっかくの宣伝も一部の人にしか届きません。
悲しい事態を招かないようにテキストメール形式との両方を用意することをお勧めします。
メール購読時はテキストメールで受信してもらい、常にhtml形式のメールを受信するためのリンクを貼っておきましょう。
興味を持っていただいた方は自分の意志で購読してくれるので通常は拒否している人も例外設定などで対応してくれます。
メールをきれいに見せることはもちろんですがまず届かなくては意味がありません。
相手に確実に届くメールを目指しましょう。



分かりやすさにメリットがあるhtmlメール

相手に何か情報を伝えたい時には、しばしば分かりやすさが求められます。
分かりにくいメールですと、相手に自分の意図が伝わらない事もあります。
ですからメールを工夫している方々も、少なくありません。
ところでメールは、大きく分けると2種類あります。
テキストもしくはhtmlメールがありますが、後者は強調できる点にメリットがあります。
メールの内容を分かりやすくしたい時には、どこかを強調したいと思う事もあります。
要点を明確にする為です。
それでhtmlメールは、文字を装飾できる機能が備わっています。
文章の一部を赤文字にする事も可能ですし、字の大きさを変更する事もできます。
それで強調箇所が明確になっていると、相手に自分の意図が伝わりやすくなります。
したがってメールの文面に関する分かりやすさが求められる時は、htmlメールが推奨されます。



開封状況を把握できるhtmlメール

販促活動を効率化したい時には、しばしばデータ分析が求められます。
例えばメールでは、良く販促活動が行われます。
自社製品を宣伝したい時などは、メールが活用される事も珍しくありません。
ただメールを送信した後に、状況が気になる事もあります。
例えば開封に関するデータです。
メールを送信したまでは良いですが、果たしてそれが開封されたか否かが気になる事も多いです。
万が一開封されていない時には、メールの改善なども求められるからです。
ところでhtmlメールには、開封の状況を確認できる機能が備わっています。
もちろんメールを送れば、相手には届きます。
それが読まれたか否かも、htmlのタイプなら、簡単に確認できる訳です。
逆にテキストのタイプですと、それを確認するのは少々困難です。
したがってマーケティング等の為にデータを分析したい時は、htmlメールが推奨されます。

次の記事へ

カテゴリ

PAGE TOP