なぜfaxによるdm送信が各業者を救うのか解説

個人や法人に宛てて商品の案内やカタログを送ることは、特定の顧客へアプローチすることができ、企業や小売店の営業、宣伝の手段の一つとして有効です。最近では、このダイレクトメールを送る方法も種類が増え、顧客へどのようにアプローチするのか企業側の状態に合わせて選べるようになってきました。従来からある、ハガキやチラシ等のdmに加えて、近年増えてきたのがfaxで送る方法です。faxdmは、faxで営業チラシやニュースレター等のdmを送る広告手段で、1件あたりの送信単価が安く、費用対効果が高いという点や、原稿作成が簡単であるという点から、手軽に利用することが可能です。各業者にとって、このfaxdmは様々なメリットがあり、dmの種類の中でも近年増えてきているものの一つです。

faxdmにすることで業者側に生じるメリット

では、各業者にfaxdmがどのようなメリットをもたらすことになるのか、業者側がdm送信するまでに生じるメリットと、dm送信した後で生じるメリットに分けて説明して行こうと思います。まずはdm送信するまでに生じるメリットとしては、コスト削減に繋がることが挙げられます。従来の封書やハガキのdmは、封筒やハガキそのものの費用のほかに、印刷から封入、ラベル貼り、発送と様々な工程が発生する為に、コストが高くなっていましたが、faxdmはその心配がいりません。最近ではweb広告も主流になってきましたが、こちらは検索結果に表示させる広告の価格がオークション制であるのでライバルが増えている昨今、1クリックあたりの単価がどんどん高くなっているのが現状です。faxdmはその点からみても、1通送るのに掛かる単価は数円ですみ、コストが抑えられます。コストが他の媒体に比べて安いのは、最大のメリットといえるでしょう。

dm送信した後に生じる業者側のメリット

他のメリットとしては、従来からある、営業チラシ等のdmは、印刷から発送まで何段階もの工程を経て少なくとも送付までに一週間程度の期間が掛かりますが、faxdmは、原稿を書いてfax番号を押して送信さえすれば相手側に簡単に届くことが出来、即効性が期待できます。次に、実際に営業相手にdmが届いてからのメリットについて解説します。営業チラシ等のdmは、開封されることなく、ゴミ箱へ捨てられてしまうケースも多く、せっかく目を引くdmを作成して送っても、見てもらえないのでは本末転倒です。その点、faxdmは、基本的に原稿が紙として出力されるので、中身を確認した上で、必要か不要か判断してもらうことになります。また、かさばらないA4サイズの薄い紙である為に、直ぐに捨てられず、とりあえず保管してくれるケースも少なくないので、配信後も継続して反応があることが業者側には嬉しいメリットです。