メールマーケティングにおすすめのhtmlメール配信業者ランキング

WiLL Mail

  • レーダーチャート

    5

株式会社サパナはWiLL Mailを運営しており、誰でも簡単にhtmlメールの作成ができ、スマホなどにも対応しています。豊富な分析機能があることから、ステップメールを活用することによって、マーケティング活動がしやすくなり、効率化を図れるようになってます。

WiLL Mailでは、導入されてる画期的なシステムによって、見栄えよくデザインされたhtmlメールにより、時間をかけずに迅速に作成することが出来ます。メルマガが個々の企業に配信された時、開封されたかチェックが出来ることだけでなく、期間を決めることによって、企業の行動履歴に起因された12種類のメールの配信が多くの方法によって、分析が出来るようになってます。

株式会社サパナは、メール配信システムを活用し、CRMアプリケーションの開発をしてきた経験があることから、企画か立案から開発に至るまで一括してサポートを行ってます。料金プランも配信予定の期間や数量、先方のメールアドレスの数を考慮して、利用用途やメール配信される範囲に応じて、適切なプランを提案していただけます。

ブレインメール

  • レーダーチャート

    4

ブレインメールでは、独自に開発した高速配信エンジンと10年間メールのみに取り組んできた技術力で構築した、大規模ネットワークを経由することで確実にメールを届けています。さらに適切なメンテナンスをしています。

ブレインメールでは、TLSに標準対応しています。 3キャリア、フリーアドレスへのメール配信だけでなく、セキュリティに厳しいメールサーバでも心配なく配信できます。高速配信サーバーには、複数のIPアドレスを設置しています。

ブレインメールでは、htmlメールの作成エディタを標準提供しています。文字の色やサイズ、画像の挿入はもちろん、デザインテンプレートを使用すれば手軽に作成することが可能です。

ウェブキャス

  • レーダーチャート

    4

ウェブキャスのメール配信システムは、ユーザーがどの端末を利用しているかを把握するための端末情報を蓄積し、自動で振り分け配信できる機能を標準搭載しています。このため、狙った端末に向けてHTMLメールを送信できます。

ウェブキャスは、コーディングやデザインの知識がなくてもhtmlメールを作成できるエディタを開発しました。簡単にhtmlメールを作成できるだけでなく、PC用、スマホ用の画像イメージを用意すれば、ユーザーが開くデバイスに合わせて自動で最適な画像を出してくれます。

お客様の属性、嗜好、購買履歴などのデータを活用したメールの配信が可能です。顧客リストをCSVでインポートして配信する手軽な運用から、複数データベースや他システムと連携した複雑な運用まで、幅広いプランがあります。

お名前.com Mail Marketing

  • レーダーチャート

    3

お名前.com Mail Marketingのかんたんhtmlメール作成機能を使えば、マウスのドラッグ&ドロップだけでhtmlメールのレイアウト構成、配置またはテキストや画像のサイズ変更が簡単にできます。

お名前.com Mail Marketingのhtmlメールは、読者に視覚的な効果を生み出すことができます。商品の画像があるhtmlメールは商品の良さを伝えやすくなります。また、視覚的に訴えることでコンバージョン効果も高まります。

ブランドのロゴ画像や、決まったカラーやフォントなど視覚的なイメージを繰り返し読者に見せることができるため、会社やブランドのイメージを強く印象づけることができます。

MakeRepeater

  • レーダーチャート

    3

MakeRepeaterは複雑な分析画面も、ひとめでわかりやすいきれいなデザインです。ショップ開設からのデータ推移をアニメーションで確認できます。またhtmlメールエディタはドラッグ&ドロップ対応で、直感的な操作が可能です。

顧客分析はデータを取り込み製品が自動でおこなうため、それを見てターゲットにアクションするだけです。導入時の費用負担も軽いので、メールマーケティングツールをはじめて導入される方でも気軽に開始することができます。

導入時の負担を軽減するデータ自動連携など、2通りの連携方法を用意してくれています。また簡単にメールマーケティングができるよう、汎用性の高いメールシナリオテンプレートを複数用意しています。

Cuenote

  • レーダーチャート

    3

htmlメールで代表的なCuenoteは、メールの効果測定や会員管理、システム連携用APIなども提供し、一斉配信からメールマーケティングまで行えます。スマートフォンや携帯にも高速、確実にメールを届けます。

メールコンテンツ作成を容易にするエディター機能などメール配信に必要なものはすべて揃っています。セキュリティ対策として、管理画面へのログインには、金融機関でも利用するワンタイムパスワードを採用しています。

業界初のワンタイムパスワードを標準搭載し、定期的な脆弱性検査の実施や管理画面のIP制限、操作ログや権限管理も行えて、安心して利用することができます。さらに安全なメールを送るための対策にも取り組んでいます。

htmlメールは使い方によっては便利です

個人的にはインターネットではメールのやり取りはやはりテキストメールのほうが多いのですがhtmlメールも時々やります。やはりhtmlメールはいい反面どこか怪しいメールもあるんじゃないかと疑い出す部分もあるのでしっかりとした対策をとっています。
個人的にはテキストメールで色々とやり取りはしますが最近はhtmlメールでも少しずつはやるようにしています。それは本当にテキストメールよりもどこかやりやすいとは言えネットビジネスなどは殆どこのメール方式を使っているのではないでしょうか。でも個人的にはどっちでもいいといえます。それは大事なのはしっかりとした意思疎通ができるかどうかですからメールはあくまでも通信の手段に過ぎないと考えます。ですからここではあまり深く考えません。とにかく私自身はメールの使い方に関しては使い分けると言えます。


tmlメールを有効活用するコツ

パソコンを頻繁に使う時は相手との情報交換をすると知りたい内容を検索でき、htmlメールを使うと内容が伝わりやすくて効果的です。パソコンで情報を伝える場合は文書形式にすると相手に分かりやすく、ビジネスなどをするために役立つためマスターすると効果があります。htmlメールはパソコンを使ってはがきや封書と同じような内容を送信でき、レイアウトを決めると見やすいことがメリットです。
情報を伝える時はかかる費用を安くすると経費削減ができ、パソコンは多くの容量にも対応できるためにビジネスなどに役立ちます。htmlメールを有効活用するコツは文書形式で取引先に伝え、リアルタイムで情報を送信して費用が安くなるため効果的です。メールは営業活動をするために必要不可欠なため、かかる費用を安くして相手に的確に伝わるようにすると安心できます。


htmlメールに関する詳細など

htmlメールはテキストだけでなく、画像を取り入れたり、装飾に工夫しているタイプのメールです。フォントを変えることができたり、色付けしたりと、テキストだけのメールとは違い、彩り鮮やかな印象があるので、好んで使う方も少なくないです。
テキストメールの場合は、最低限の情報だけを取り入れているので、画像がなく地味なイメージが強いですが、その分データ容量は少ないので、テキストメールにはテキストメールなりの特長があります。htmlメールの場合、テキストメールとは違う特長があるので、どちらか一方を使うのではなく、使い分けすることがポイントでしょう。商品を販売する側の方がメールを出すなら、画像が入ったhtmlメールを活用したほうが商品の魅力を伝えやすいという一面があるでしょう。つまり商品宣伝など、画像を使用したデータ容量の多いメールを使う際に役立つメールの種類だということです。

カテゴリ

PAGE TOP